私たちのミッションは、「美」「健康」「ゆとり」「時代の空気」などの側面からお客さまの暮らしの質的向上を応援することです。

取り扱いブランド紹介 - QUIKSILVER(クイックシルバー)

クイックシルバーについて

ブランドについて

ボードライディングスポーツのリーディングカンパニーQUIKSILVERは、1969年にオーストラリアのサーファー、アラン・グリーンとジョン・ローの二人によって、パフォーマンス性とファッション性を兼ねたボードショーツ創りから始まった。

サーフィンに対するノウハウと哲学を基に、高品質かつ斬新なスタイルのボードショーツを生産。

その優れたボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。

1986年、スノーウェアマーケットにも参入。

地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボードショーツの柄を取り入れたことが業界に衝撃を与え一躍注目を浴びる。

1980年中期にはスケートチームを結成し、チームライダーにクリスチャン・ホソイを迎えサーフカンパニーで初めてスケートブランドとしての一面も持ちストリートウェアも展開。

QUIKSILVERは、世界トップクラスのサーフ、スノー、スケートのアスリートサポートと、最高のウェアとギアを提供している。

パフォーマンス性とファッション性を兼ね備えたボードショーツ創りから始まったQUIKSILVERスピリットは色褪せることなく引き継がれ、今も尚、進化を続けている。

photograph

ブランドヒストリー

1969年オーストラリアの若いサーファー、アラン・グリーンとジョン・ローは、大好きなサーフィンで生計を立てたいという夢を追っていた。

二人は当時存在していたボードショーツよりも、サーフィンのパフォーマンスをあげることを目的とし、考え抜かれたパターンと仕様のボードショーツを創り出した。

その素晴らしいボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。

その噂をアメリカで耳にした、ジェフ・ハックマンとボブ・マックナイト(現会長2012年5月現在)は、全米販売権を獲得しビジネスの拡大へと繋げる。

QUIKSILVERという名の由来は、時代の移り変わりを敏感に感じ水銀のように変幻自在に形を変えて対応する姿がまるで設立者の一人であるアラン・グリーンのようだと、アランのガールフレンドがつけた名前。

彼女は当時人気があった”QUICKSILVER MESSENGER SERVICE”というバンドをTVで見かけた時に思いついたという。

時間と共にボードショーツは進化を遂げ、機能を重視していた時代からファッション性を兼ね備えたハイブリッド時代へと突入した。

QUIKSILVERはその時代の最先端を直走り、国際的なメインストリームの地位を確実なものにしていった。

70年代には、エコ・ビーチ・プリント(水玉、トライアングル、チェッカーボードをモチーフにしたデザイン)を発表。

派手で過激なデザインは、ボードショーツをよりファッショシーンへと押し上げたアイテムとなった。

80年代になると、マーケットはQUIKSILVERの創造性に注目。

それに答えるべく、色使いやデザイン、そして機能を融合させたアイテム群をリリース。

よりファッション性の高いビーチ・カルチャーが確立した。

その証拠に、伝説的なオーストラリア人サーファーと言われるトム・キャロルは、QUIKSILVERのWAR PAINT及びST COMPのストレッチ・シリーズを愛用した。

1984年、ジェフ・ハックマンは、サーフ映画監督のハリー・ホッジ、ブリジット・ダリグランドそして、ジョン・ウィンシップと共にヨーロッパに渡り、QUIKSILVER EUROPEを設立。

3人は、QUIKSILVERのビジネスモデルに忠実でありながら、商品デザインやマーケティングについてはヨーロッパ流にアップデートした。

ウィンタースポーツの盛んなヨーロッパがグループに加わりスノーシーンへも参入。

これは更なるビジネス拡大の歴史的ポイントの一つとも言える。

スノーウェアの開発については、機能性を重視しながら、地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボードショーツの柄を取り入れたことにより業界に衝撃を与えた。

1988年QUIKSILVERは、ASPワールドツアーチャンピオンであるトム・キャロルと業界過去最高額の100万ドル契約を締結し、サーフィン界での確固たる地位を築く。

1990年にはアメリカのアマチュア・ライダー、ケリー・スレーターをQUIKSILVERのチームに迎え入れた。

ケリーは、ニュースクールなサーフスタイルでありながら圧倒的な勝負強さを保持し、現在も世界戦のトップに君臨している。

2011年にはASPワールドツアーで生涯通算11度目のツアー優勝という驚きの記録を達成。

これはサーフィン史上最大の偉業といわれ、地球最強のサーファーの称号を手にした。

1999年、QUIKSILVERはブランド生誕30年を記念して、ケリー・スレーターをはじめとするトッププロサーファー、フォトグラファー、フィルムメーカー、そして自然科学者たちと共にパーフェクトな波を求めるアドベンチャープロジェクト「THE CROSSING」を始動。

このプロジェクトはTHE CROSSING号に乗り未開拓のサーフスポットの探求、環境調査、文化交流を目的として発足された。

太平洋から始まり、東南アジア、インド洋、南アフリカ、地中海、大西洋、ブラジル、カリブ海まさに世界中の海をクルーズし2005年にハワイを最後にその旅を完結。

6年半をかけて「THE CROSSING号」は、100,000海里に渡り100以上の新しいサーフスポットを発見し、海洋環境保護の研究に貢献した。

このプロジェクトの様子はウェブサイトを通じて世界1000万人もの人々に夢を与え、環境への意識を高めた。

QUIKSILVERは一流の国際競技から、地元のライダーやディーラーが参加する小さな地域のイベントまで、数多くのコンテストを主催している。

これまでにQUIKSILVERが開催した数々のイベントは、社会的遺産と言っても過言ではない。ロケーションの選定、ゲストの選択、判定方法、スタイル、プロモーションと、それぞれ異なっていても、QUIKSILVERのイベントには定評がある。

これらのイベントの多くは、アクションスポーツの発展に多大な影響を与えている。

QUIKSILVERは更なる社会貢献を目的とし、2005年非営利団体QUIKSILVER FOUNDATIONを設立。

我々の大切なフィールドである海や山の自然保護、若い世代の育成などをサポートしている。

現在、QUIKSILVERでは、総合的なアパレル・コレクション、アクセサリー、アイウェア、時計、ウェットスーツ等、幅広いラインアップの製品を提供し様々なシーンでボードライダーをサポート。

QUIKSILVERは、ボードライディングスポーツと共に生き、その歴史とシーンに深く根付いている。真のグローバル・ブランドに成長したQUIKSILVERは、独創的で偉大な世界観を持つボードライディングブランドのパイオニアとしてこれからも走り続ける。


クイックシルバーの取扱い店舗

■徳島県での取り扱い店舗はコチラ

 アレックススポーツ 沖浜店


PAGE TOP